奇跡のお茶と呼ばれるルイボスティーでも飲み過ぎてはいけない一番の理由とは?

ルイボスティーを飲み過ぎるとどうなる

健康や美容、不妊治療などに効果が期待されるルイボスティー。身体に良いものは積極的に取り入れたいですよね。どれぐらいの量を飲めば効果が得られるのか?も気になるところですが、逆に飲み過ぎた場合に身体に悪影響があるのか?も知っておきたいポイントです。今回はルイボスティーを飲み過ぎた場合にどうなるのかなど、ルイボスティーを飲む際の注意点をまとめました。

飲み過ぎると:あんなことやこんなことが…!?

厳密には摂取上限量は決められていない

実は、ルイボスティーには摂取上限量は正式に決められてはいないのです。これは、あくまでも嗜好品であり、医薬品ではないからなんですね。

しかし効果を期待するあまり、過剰に摂取することのリスクはどのような食品や飲み物にもありうることです。

また、ルイボスティーだけではなく、サプリなどでルイボスティーにも含まれる成分を摂取する場合、過剰摂取には注意が必要になります。

一番の理由:特に注意すべきはミネラルの過剰摂取

腹痛

ルイボスティーの中で、摂り過ぎに気を付けるべき主な成分とはマグネシウムや、カルシウム、ナトリウム、カリウム、亜鉛、銅などのミネラル成分です。

以下に、各ミネラル成分を過剰摂取した場合に起こりうる弊害をご紹介します。

  • カルシウム:結石症を発症、マグネシウムやリンの吸収を阻害
  • マグネシウム:下痢、嘔吐、呼吸困難、高マグネシウム血症
  • 亜鉛:頭痛や嘔吐、倦怠感、腎臓や神経に影響、銅を吸収しにくくなる
  • 銅:吐き気や嘔吐、貧血、筋肉のふるえ
  • ナトリウム:血圧の上昇、むくみ
  • カリウム:下痢や嘔吐、吐き気、高カリウム血症

もちろん上記のような症状は、あくまでもサプリなども含めて大量に摂取した場合の例となります。これらがそのまま、ルイボスティーの副作用というわけではありません。

あくまでも嗜好品のルイボスティーですので、通常の範囲で楽しむ分には悪影響は特にないと考えられます。

紅里
ミネラルって良いイメージがあったけど、やっぱり飲み過ぎは身体に悪いのね。博士がルイボスティーは身体に良いって言うから毎日たくさん飲んでいるけど、飲み過ぎには気をつけなくっちゃ。

ルイボスティーを飲み過ぎると下痢になる噂って本当?

この質問の答えは「イエス」です。

ルイボスティーに含まれる成分のうち、マグネシウムやそもそもの水分を過剰に取り過ぎた場合は下痢になることがあり得ます。

ルイボスティーには便秘解消の効果があるので、その効果として下痢も起こりえます。ただ、本来マグネシウムは水分を便に含ませて自然に排出するものですので、それが直接下痢に直結するわけではありません。また、マグネシウムには腸の中の悪玉菌の働きを抑える効果があると言われており、適量の摂取であれば下痢が改善したという例も多く報告されています。

適量のルイボスティーで健康な生活を

健康

1日に摂取するのにふさわしいルイボスティーの最適な量は500ml程度とされています。コップに2〜3杯程度を飲む分には全く問題がないという事です。

人間には1日2〜3Lほどの水分が必要とされています。水分摂取量は1日1L~1.5Lが適正で、その他にも食事などから自然と摂る水分量をあわせるとさらに多くなります。

季節や環境によって、またその時の状態で必要摂取量は変化します。適正な量を考えるならば、この水分摂取量も頭に入れておきたいものです。

参考までに代表的なミネラルの1日の摂取量が厚生労働省により定められていますので、30代、40代の女性を例にあげておきたいと思います。

1日の摂取推奨(上限)量

  • ナトリウム:7000mg未満
  • カリウム:2,000mg
  • カルシウム:650mg。上限2,500mg
  • マグネシウム:290mg
  • 亜鉛:推奨8mg、上限35mg
  • 銅:推奨0.8mg、上限10mg

ルイボス茶(液体)100ml当たりの含有量

  • ナトリウム:264g未満
  • カリウム:291mg
  • カルシウム:135mg
  • マグネシウム:107mg
  • 亜鉛:7.18ppm
  • 銅:2.02ppmg

上記の数字を見ても、1日3杯程度の摂取であればほぼ適正量だと言えます。

マグネシウムに関して見れば2杯程度になりますが、通常の食品から摂取する場合は耐容上限量は設定されていません。

サプリなどでの過剰摂取には注意していきたいものです。

おすすめのルイボスティーはある?

ルイボスティーは抽出方法でも、味や栄養成分に違いが出ます。

ルイボスティーの有効成分に限って言えば、ティーパックをお湯に入れるだけの作り方よりも茶葉で水からじっくり煮出した方が成分をしっかり抽出できます。

水分の摂り過ぎによって下痢などになりがちな体質の方は、しっかりと煮出したルイボスティーを飲むことによって、同じ栄養を摂るにあたっても過剰に水分を摂りすぎることを防げますね。

その点では、高品質な茶葉を使用し煮出すことにこだわったエルバランシアのルイボスティーはおすすめできる商品です。

エルバランシアのルイボスティー

特に期待できる効果:妊活、アンチエイジング

総合★★★★★
★★★★★
品質★★★★★
栄養★★★★★
飽きが来ない★★★★★
手軽さ★★★
お値段(安さ)★★★★

エルバランシアの評判は?格付けNo.1の最高品質ルイボスティーをレビュー&口コミで徹底検証!

ルイボスティーをはじめて飲む方や、どこまで飲むと下痢になるのか分からないから不安…という方は、最初は少ない量から飲んで、除々に量を増やしていくのが良いでしょう。

自分の体調に合わせてルイボスティーを飲んで、ぜひ健康を手に入れてください。

はかせのまとめ

  • ルイボスティーはあまりにも過剰に摂取すると、ミネラルの摂り過ぎで下痢などになってしまう人もいるようぢゃ。
  • ただし、1日2〜3杯程度の適正量であれば全く問題はないぞぃ。日々の水分補給に飲む程度であれば、まったく問題なしぢゃ。
  • 初めて飲む場合や不安な時は、少しずつ量を増やして、自分の体調と相談しながら飲むのがおすすめぢゃよ。

おすすめルイボスティー診断が今なら無料

お茶にやたらと詳しいT博士が、5つの質問に答えることであなたの好みと目的に合った最適なルイボスティーを診断してくれます。診断にかかる時間は10〜20秒程度です。無料で診断できるので、ルイボスティーを検討している方はぜひ試してみてください。