ルイボスティー(煮出し)で一番おすすめはコレ!煮出し専門ルイボスティーを徹底比較

美容や妊活に注目を浴びているルイボスティー。今や多くの人がルイボスティーの有効成分に注目しています。この有効成分を効率的に取り入れる方法はどんなものがあるのかも注目している人が多いようです。ルイボスティーは普通のお茶とは違い、煮出すことも出来れば水で出すこともできます。しかし、有効成分抽出の観点では一般的には煮出して飲んだ方が良いとも言われています。今回は、そうした煮出したルイボスティーでどんな商品がおすすめかをチェックしていきます。

基本知識:ルイボスティーの煮出し方

ルイボスティーを「煮出す」と言っても、具体的にはどのように煮出すのでしょうか?

煮出してルイボスティーをつくる時の手順を簡単にまとめてみました。

  1. やかんや鍋で0.8〜1.8リットルの水を沸かせる(※1)
  2. お湯が沸騰したら、ルイボスティーのティーバッグを入れる
  3. ふたを開けたまま、弱火にして10〜30分煮出す(※2)
  4. 火を止めて、更に10分ほど置いて蒸らす

※1:沸かすお湯の量は各メーカーによって指定が異なります。
※2:煮出す時間も各メーカーによって指定が異なります。

これで完成です。

最後の蒸らし工程は省いても構いませんが、少し蒸らした方がルイボスの深みのある味を感じやすくなるのでおすすめです。注意点として、煮出している最中に水が蒸発し過ぎてルイボスティーの量が減らないように注意が必要です。

時間にして、だいたい20分〜40分ぐらいかかっているでしょうか。このくらい、ゆっくりと時間を使って作ることによって、成分がしっかりと溶けだし、効果的にルイボスティーの有効成分を摂取することができます。ホットで飲む場合は、保温ポットに保存するのが良いでしょう。

アイスで飲む場合は、常温で冷ましたあとに冷蔵庫に保存します。煮出したルイボスティーは、だいたい冷蔵庫で5〜6日ほど保存が可能です。煮出しは面倒と感じる人でも、一度に多めに煮出しておけば手軽にルイボスティーを楽しむことができますね。

紅里
煮出し=ホットってイメージがあったけど、冷ませばアイスルイボスティーにもなるのね!
T博士
そうぢゃ、そうぢゃ。煮出したルイボスティーは冷蔵庫で保存が基本ぢゃな。
紅里
またホットで飲みたくなったら、電子レンジで温めても良いんですか?
T博士
もちろんOKぢゃ!最初に少し手間はかかるが、一度作ってしまえば煮出しは万能なんぢゃよ。

水出しとは何が違うの?

ルイボスティーは煮出した方がルイボス茶葉の有効成分が出るのは間違いありません。ただし、一つ注意点があります。もともとルイボス茶葉に含まれている「ビタミン」は、熱に弱いため煮出すことで破壊されてしまいます。そのため、ビタミンも一緒に栄養として摂りたい場合は水出しの選択肢があります。

水出しルイボスティーのおすすめはコレ!煮出し専門タイプとの違いは?

一方で水出しの場合、SOD酵素やフラボノイドといったルイボス茶葉特有の有効成分の抽出量は1/5〜1/10程度に減ってしまうと言われています。ビタミンであれば、ルイボスティー以外にも他の食べ物や飲み物から補うこともできますよね。自分がルイボスティーを飲む目的に合わせて、煮出し・水出しを使い分けてください。

煮出して飲むのに適したルイボスティーはどれ?

数多くの種類が出ているルイボスティーですが、特に煮出して飲むのに適したルイボスティーはどのメーカーでしょうか?

ここでは、3つの煮出し専門ルイボスティーをピックアップしてみました。

RTRoom ルイボスティー スタンダード(煮出し用 3g×20包)

ルイボスティースタンダード

お茶専門のお店であるRTRoomからも煮出しタイプのルイボスティーが出ています。RTRoomではグリーンルイボスティーはブレンドハーブティーも販売されていますが、一番オーソドックスな煮出しのスタンダードとティーパックタイプのオリジナルルイボスティーには上位0.3%の最高級の『クラシック茶葉』を使用していて、その品質は確かなものです。

RTRoomのスタンダードは煮出し専門で作られているため、煮出した後にルイボス独特の苦みや渋みがほとんど出ないように設計されて作られています。煮出したルイボスティーをアイスルイボスティーとして楽しみたい場合は、ピッチャーにティーバックを入れたまま冷蔵庫に保管することも可能です。(ティーバックを入れておくことで、冷蔵庫の中で更に有効成分が抽出されます)

RTRoomルイボスティーのレビューと口コミ!オーガニック茶葉100%で豊富な商品ラインナップ

ラシンシア オーガニックルイボスハーブティー・煮出し用 (3.5g×30包入)

続いて、Amazonや楽天で買うことができる煮出し専門ルイボスティーとしてラシンシアのルイボスティーを紹介します。オーガニック認証「ECOCERT認定」を受けているオーガニックなルイボスティーなので、農薬や化学肥料を使わずに栽培され、添加物や保存物質、着色料は全く含んでいません。そのため、どなたでも安心して飲むことができます。

品質は良いルイボスティーですが送料を抜きにしても30包入:3,240円(1包あたり108円)なので、値段としては高めの部類に入るルイボスティーです。1つのティーバッグに対して1.8リットルまで使えるので、200ml換算で約12円と考えればそれほど高くは無いでしょうか。ただし、濃いめが好みなら水の量を少し少なめにして煮出すのが良いでしょう。

エルバランシア ルイボスティー(5g×35袋)

エルバランシア ルイボスティー

最後に紹介するのは、ルイボスティーチではお馴染みのエルバランシアのルイボスティーです。エルバランシアは、もともと煮出して飲むことを主眼にしています。上位1%のルイボスティーのみを使った最高品質の茶葉は、たとえ煮出し過ぎたり水の量を間違えて少なくしてしまっても、クセのある苦みなどがほとんど出ず、まろやかな口当たりに仕上ります。

ルイボス茶葉も1包にたっぷり5g入っています。エルバランシアから指定されている水の量は1包あたり1リットルですが、1リットルの水で煮出した場合かなり濃く出てくれます。例えば、他社メーカーでは水1.8リットルなどといった指定がありますが、この量で煮出した場合は体感的にもエルバランシアよりも味がかなり薄くなります。同じ水の量で比較した場合、エルバランシアは1包で一番濃く出せるルイボスティーと言っても過言ではないでしょう。

エルバランシアルイボスティーの評判は?格付けNo.1の理由を口コミから徹底検証!

煮出し部門ナンバーワン!お勧めはやっぱりエルバランシア

ルイボスティーの味については今回紹介した3種類はどれも飲みやすく、茶葉の品質も高いので、きっと満足頂けるかと思います。また、無添加・無農薬のオーガニック栽培が当たり前なのも、安心・安全面にこだわるなら嬉しい配慮ですね。そして、この中でも一番のおすすめは?と言われたら、やっぱりエルバランシアのルイボスティーでしょう。

エルバランシアのルイボスティー

特に期待できる効果:妊活、アンチエイジング

総合★★★★★
★★★★★
品質★★★★★
栄養★★★★★
飽きが来ない★★★★★
手軽さ★★★
お値段(安さ)★★★★

エルバランシアが1位の理由_640x400

商品名エルバランシアのルイボスティー
ルイボスの種類有機栽培(オーガニック)ルイボス100%
茶葉のグレード上位1%:スーパーグレートの茶葉
作り方煮出し
量と価格定期購入(初回):5g×35包 税込1,475円(50%オフ)
定期購入(2回目以降):5g×35包 税込2,360円(20%オフ)
通常購入:5g×35包 税込2,950円
送料(公式)600円
※ 購入金額が4,000円を超えると無料
※ 定期の場合は2個以上の購入で無料
1包でつくれる量1000ml(1リットル)
1包あたりの価格▼ 送料無料の場合
定期購入(初回限定):約42円
定期購入(2回目以降):約67円
通常購入:約84円
▼ 送料600円の場合
定期購入(初回限定):約59円
定期購入(2回目以降):約84円
通常購入:約101円
茶葉1gあたりの価格▼ 送料無料の場合
定期購入(初回限定):約8.4円
定期購入(2回目以降):約13.4円
通常購入:約16.8円
▼ 送料600円の場合
定期購入(初回限定):約11.8円
定期購入(2回目以降):約16.8円
通常購入:約20.2円
200mlあたりの価格▼ 送料無料の場合
定期購入(初回限定):約8.4円
定期購入(2回目以降):約13.4円
通常購入:約16.8円
▼ 送料600円の場合
定期購入(初回限定):約11.8円
定期購入(2回目以降):約16.8円
通常購入:約20.2円
定期購入あり
お試しセットなし
買える場所公式サイトのみ

理由はいくつかありますが、有効成分の観点で考えると、エルバランシアは一個のティーバックに5gもの茶葉が入っています。他のメーカーと比べても非常に多いため、有効成分面でも他のメーカー以上に期待できるのです。それでいて、ハイグレードなルイボスティーを展開する他社メーカーと比較してみても、商品価格がリーズナブルな点も魅力です。

少し優雅に時間を使って煮出すルイボスティー。慌ただしい毎日から少し離れて、あえてそうした余裕がある生活をつくってみるのも、心のリフレッシュにつながるのではないでしょうか?一度煮出したルイボスティーは、冷蔵庫で1週間近く保存できます。土日のゆっくりした休日を使ってルイボスティーを多めに作ってしまえば、平日の間も、ずっと楽しむことができますね。

ルイボスティーの有効成分を摂るという意味では、煮出しはルイボスティーの一番おすすめの飲み方です。色々と工夫して、自分が最もやりやすい方法を確立して、毎日の美容・健康のためにぜひルイボスティーを飲み続けてみてください。

はかせのまとめ

  • ルイボスティーは有効成分を効率的に摂るために煮出して飲むのがお勧めぢゃ。少し時間がかかるが、冷蔵庫で約1週間ほど保存できるので、一度にたくさん作るのもいいぞぃ。
  • 煮出して飲むルイボスティーで一番おすすめのメーカーはやっぱりエルバランシアぢゃな。RTRoomの最上級茶葉も捨てがたいが、茶葉の量や価格面を考慮するとやはりエルバランシアに軍配があがるぢゃろうて。
  • 煮出しというあえて時間のかかる淹れ方で、ルイボスティーを楽しんでみてはいかがぢゃろうか。ふつふつと煮出されたルイボス茶葉からは、芳醇なルイボスの香りが広がるぞぃ。忙しい毎日を少し忘れて、ゆっくりと、ちょっと贅沢な時間の使い方をしてみるのも、心をリフレッシュさせる一つの方法ぢゃよ。

おすすめルイボスティー診断が今なら無料

お茶にやたらと詳しいT博士が、5つの質問に答えることであなたの好みと目的に合った最適なルイボスティーを診断してくれます。診断にかかる時間は10〜20秒程度です。無料で診断できるので、ルイボスティーを検討している方はぜひ試してみてください。